備えのひとつに

 能登半島地震発生から3週間が経ちましたね、被災された方々の状況を想うと本当に胸が痛みます。丸中薬局としましても、何か少しでもと、小児用の風邪薬などのお薬を支援物資として送らせていただきました。数日後ボランティアの方を通りして無事に被災地の方々に届いたとのご連絡をいただき、届いた事に安堵致しました。
 私達も阪神淡路大震災を経験したので、昨日の事のように記憶が蘇り、身が引き締まる思いです。
 その後の東日本大震災など災害の度に、何か備えられることは無いかと考える日々でした。想定してもしきれないのが自然災害ですものね。どこで被災するかもわからないですし、でも、その時に出来る最善の想定と家族とは話しています。備蓄用品の中でも1番のお勧めは、クオリ酵素です。開封までは消費期限もなくいつまでも保存でき、栄養価も、飲む点滴と呼ばれるほどにバランスが良いです。
私も常に備蓄していますょ。あとはバーリーグリーン。被災時、緑の野菜をとることはかなり難しく、インスタントなどに偏ります、その結果栄養バランスが崩れて免疫力にも影響するので、バーリーグリーンは緑の野菜の生きた酵素を補えるので有難いですね。カバンの中には、亀鹿仙を常に持ち歩いています。エネルギー補給と疲労回復になり、水なしでも飲めるので 外で被災したときにも保存食変わりに優れた効果を発揮してくれるはずです。
 考えても考えても、これが万全という備えはわからないのですが、近い将来必ず起きると言われる南海トラフ地震のように、起きる可能性が高い災害に対して出来ることから備えていかないといけませんね。

 世界中で起きている自然災害や紛争。平和な日常は決して当たり前のものではないですもんね。ひとりでも多くの人が謙虚さと感謝の気持ちをもって思いやりある日々を過ごす事がいかに大切かとあらためて感じています。
 
 震災地の1日も早い復興を心より願っております。
 

関連記事

  1. 身体引き締めましょう
  2. 寒暖差
  3. 能勢での休日
  4. 認知症 予防と改善
  5. ロハスミーツ明石
  6. 夏バテ防止 熱中症予防
  7. 移り変わり
  8. 花粉症、pm2.5対策

最近の記事

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP