早めの熱中症対策を

新緑も眩しく 陽射しがキラキラと嬉しい季節ですね。ですが5月では記録的な暑さになっています。熱中症で搬送される方も多く出ているようです。真夏よりも気温が低いのに、この時期の熱中症が発症しやすい理由のひとつは、暑さに身体がまだ慣れていない中 急激な温度上昇に身体がついていっていない事も挙げられます。運動会も秋から春のこの時期に変更になっている地域も多いようで お子様の熱中症にも注意が必要ですね。こまめな水分補給はもちろん大切ですが なかなか それだけでは 予防できない程の暑さになる事もあります。毎年 ご紹介させていただいている 熱中症対策ですが、つい先日 息子でも実感したところでした。野外活動で カヌーなどのマリンスポーツを楽しんだりと 満喫して帰宅した息子ですが、連日の暑さの中の活動だった事もあり、バテ気味で 食欲もなく グッタリと疲れた様子で珍しく 寝込みそうな勢いでした。「明日は休んでしまうかも…。」と弱気な発言も。ですが、「霊黄参」を2カプセル飲ますと、しばらくすると みるみる元気に!宿題も済ませ、お肉までガッツリ食べて、テンション高く 野外活動の思い出を話してくれて、早く寝なさい!と注意するくらい(笑)見違えたように元気になりました。翌朝も何もなかったように スッキリした顔で 登校していきましたょ。息子のように症状が出てからも 効果的ですが、前もってお飲みいただく事も勿論 有効です。麦味参をプラスしてもらうと更に 熱中症予防に効果がありますょ。こらからの季節 外でのスポーツや作業には 手放せない 漢方です。

この霊黄参も含まれる伝統生薬ですが、先日 その伝統生薬研究会の勉強会に久しぶりに出席させていただいて来ました。約一年ぶりの出席でしたが、他の先生方にも 「心配してたょ〜〜」などと 暖かく迎えていただけて 本当に嬉しかったです。

三ノ宮で開催された勉強会でしたが、電車で三ノ宮方面に行く事も本当に久しぶりでした。途中 新快速が神戸駅に止まった時、その神戸の光景が とても懐かしくて。妊娠中 お腹の赤ちゃん達と毎週通った 神戸駅。駅に降りるたび、「どうか今日も赤ちゃん達が元気で何もなく 家に帰れますように…」双子だからこその毎週抱える入院のリスクに、 息子も主人も いつも精一杯の気持ちで見送ってくれていました。毎週毎週の 大切な時間と、その何度か 主人が時間を合わせて一緒に神戸駅まで電車で送ってくれた、淡いひと時が懐かしく。 神戸駅には、暖かな思い出がいっぱい溢れていました。

関連記事

  1. 旧山里小学校でのワーク
  2. 漢方推進会 神戸ブロック会
  3. 薬膳鍋と苺酒
  4. 熱中症に!
  5. 気分転換 出来ていますか?
  6. 伊勢志摩の海へ
  7. 動物生薬、センソ
  8. 夜風

最近の記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP