梅雨の食養生

5月も中旬に入り、汗ばむ陽気の日や肌寒い日 季節の移り変わりを感じますね。5月が過ぎると 梅雨。作物は勿論 私たちにも大切な雨ですが、ジメジメ湿気で 何かと不快感の多い季節でもあります。そんな梅雨にお勧めの食養生をご紹介したいと思います。

梅雨の湿気は、外気だけでなく身体の中にも影響するので、そんな体内の湿気、中医学的には「湿」を取り除いてくれる食材が「えんどう」です。この時期旬を迎える えんどうは 体内の余分な湿気を取り除いて、「脾」を高めてくれる働きがあり 余分な水分で弱った胃にも良い食材です。そんな えんどう豆を使って  「えんどう豆の薬膳スープ」と 「えんどう豆の塩麹炒め」を作ってみました♪スープには鶏モモ肉とえのきや 白菜などお野菜もたっぷりと入れ、鶏ガラベースで作りましたょ。唐辛子を加える事で 発汗作用もあり 初夏のこの時期にもお勧めのスープです。塩麹炒めは、ムネ肉を塩麹につけて オーブンで焼いておいたものをスライスし、オリーブオイルでさっと炒めた えんどうに絡めて炒めました。塩麹の味だけでも充分美味しく出来上がりますが、ムネ肉がパサパサしない為にも ホークで数カ所穴をあけて塩麹につけてから、180度くらいのオーブンで焼いておくのもポイントです。時間が無ければ 火を通し過ぎないように注意しながら、フライパンで焼いても オッケーです。

旬の食材で身体に良いメニュー。日々の食養生 楽しく取り入れていただけると嬉しいです。

今回のえんどう豆は、お客様が家庭菜園で作られた物をいただきました。甘みも強く香り豊かで 手間隙かけて 育てられた感じが伝わります。とても美味しくいただきました。IMG_3807 IMG_3808 IMG_3811


 


 

 

関連記事

  1. 恐竜の化石も生薬
  2. 鎮魂と復興の光
  3. 潤う♪紫外線対策
  4. 今日からお盆休みです
  5. 久しぶりの晴れ間
  6. 冬の疲れと冷えに鹿茸
  7. 端午の節句 子どもの日
  8. 学術シンポジウム

最近の記事

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP