無事に

お陰さまで、8月31日 晴れの日。無事 元気な双子の赤ちゃんを出産致しました。ご報告が少し遅くなってしまいましたのも、母乳育児に専念しておりました。双子にしては充分な大きさで産まれた赤ちゃん達ですが、まだまだ小さな赤ちゃんで 母乳を吸う力も弱く、母乳を吸う練習や、母乳は出産後の1週間で その後作られる量が決まってしまうので、2人分 母乳を作れるように、3時間おきに、2人分…。実質は1時間半毎にあげているような状態で、一生懸命 授乳に励んでいました。もう一つ、始めに頑張りたかった理由は、初めの1週間程しか出ない初乳とよばれる 黄色い母乳。栄養価に優れ 産まれたばかりの赤ちゃんに優れた栄養分を補ってくれるので、その初乳も赤ちゃん達に 与えてあげたくて。帝王切開なので産後すぐに母乳が分泌され始める訳ではないので、術後から、ひと雫ひと雫 手で絞って はじめは 数滴…。それでも  諦めず 絞っていると 濃い 初乳がとれるようになりました。その後も授乳を続ける事 10日ほどで 溢れるばかりの母乳が出るようになりましたょ。もちろん、おっぱいが出る漢方も飲みながら。長男の時にも飲んでいましたが、新ためて その効果を実感しました。赤ちゃん達が ゴボゴボっと音をたてて飲んでくれる姿に、母としての喜びを感じます。

今回の出産は、帝王切開だったので やはり自然分娩との違いは身をもって 感じました。帝王切開は立派なお産。と同時に 手術である事に変わらないという事。私は双子で、合わせて4400gほどあったので 切り口も大きく、双子は出血も多いので 身体へのダメージも大きかったですが、子宮の戻りもとても良く、手術の時に ドクター「素晴らしい子宮」と言っていただけましたょ。その分 後陣痛は覚悟して下さいと言われましたが、子宮の戻りや、傷の回復が良かったのは 漢方のお陰だと実感しています。唯一 辛かったのは、浮腫み。浮腫みも帰宅後 血流を測って漢方を飲むと2日で治りました。また 浮腫みについては 後日 書かせていただきますね。

今回の出産で、感じた事は 数えきれなくありますが、家族の有り難さや、待って下さっているお客様への感謝の気持ち。息子への想い。主人への想い…。言葉に出来ない程に 溢れる気持ちでいっぱいになります。

私は、赤ちゃんをきっといつか授かれる。そう信じて 生きて来ました。そんな私のところに来てくれた赤ちゃんは、約9年越しで 2人なって来てくれました。今でも 信じられないような そんな気持ちと、2人の赤ちゃんをこの手に抱ける喜びを 痛いほど 感じています。

絶対。…はないけれど、諦めず頑張ってみて欲しい。

一日も早く、また 色々なお話しをさせていただける日を楽しみに、双子育児 頑張りますね。

 


 

関連記事

  1. 素敵なお花ありがとうございます
  2. 中秋の名月
  3. 大切にしたい「人薬」
  4. 森林セラピーin鳥取
  5. JPS製薬 全国大会in北海道
  6. 漢方推進会 不妊症
  7. キャンプ ブヨ.アブ対策
  8. 夏バテのツボ「三陰交」と薬膳スープ

最近の記事

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP