子宝のご相談

 暦の上では春。少しずつ陽射しが強くなり ベランダの月桃も新芽が出たりと、身近な所でも春を感じるようになりました。
 冬、春、問わず、年がら年中 息子のサッカーの応援や娘達と屋外で過ごす事が多い私ですが、いつも思うのは本当にこんな日々を送れるのは 子ども達が居てくれるお陰だなぁ。と。
 もちろん子どもが居なくても、たくさんアウトドアは出来るのですが、子ども達の為に。と言いますか子ども達の目線で屋外で過ごすのは、母になれたからだからこその喜びだと感じます。
 雨の中の応援も、寒さの中、冷え切った子ども達に休憩の時のお味噌汁作りも。そんな一コマも、きっと子ども達が居なければそんな場面は、私の人生には無かったように思います。
 
 私自身、「子どもが出来ない。」と19歳の時に病院で言われて。それから20代は子どもを望む気持ちにも蓋をして生きていました。
 そんな私が漢方の力で子どもが授かれるようになり、今では3人の子ども達のお母さんをしています。
 毎日、自分の時間は全くなくて、休日はは子ども達の事で、早朝から一日中、目まぐるしいスケジュールですが、本当に子ども達が居てくれる事が私には幸せで。
 頑張らない事が美徳のような風潮が、どちらかというとあるような世の中の中、私は全力で頑張り続けています。笑
 でも無理してしてるわけではなくて、してあげられる事が喜びなので、特に息子はやりたい事が見つかって頑張っているので、精一杯サポートしてあげたいなぁと思えて。
 応援というよりは、一緒に伴走出来る様に。
そんな気持ちで私も頑張れているのかも知れません。
 スポーツにしろ、勉強にしろ子どもに代わってしてあげる訳にはいかず。本人が頑張るしかないので、せめて考えられる出来る限りのことをしてあげたいと。
身体づくりの食事と、魔法の言葉と。笑。

絶対できるよ!努力した結果は必ずついてくるよ!
自信がないなら練習する!それが一番!
などなど、たくさん声かけしています。

冷凍食品やコンビニや便利なものはたくさんあって、色々な事情で、それが全てダメとは言えないですが添加物は集中力を弱らせたり、発育にも不安材料が多いので、身体が資本のスポーツをしているお子様や、勉強を頑張るお子様にとってはなるべく摂ることは避ける方が良いと私も考えています。
 
 添加物大国と呼ばれる日本ですが、遺伝子組み換え食品大国でもあって、それが様々な加工食品には含まれています。もちろん、赤ちゃんを望まれるお母さんの身体へも影響が懸念されるので、そのあたりを考えていくのも大切かも知れませんね。

 話が少しそれてしまいましたが、私自身も子どもが出来ない辛い時間もありました。
 でも、漢方で自分の身体を良くすることに向き合って本当に良かったと思っています。
 つい先日も、何をしても子宝に恵まれ無かったとおっしゃる方が赤ちゃんを授かられて本当に驚かれ喜んでいただけました。

 赤ちゃんを授かれる日をまずは目指して、その次は安定期を迎えて。無事元気な赤ちゃんと逢える日まで。
 お客様とも一緒に。伴走させていただく気持ちで私も頑張らせていただきたいと思っています。
 

関連記事

  1. 旬の食材 新生姜
  2. 身近な食育
  3. 沖縄野菜の魅力
  4. 入浴中に美肌作り
  5. ロハスミーツ明石
  6. 自然体で
  7. ストレスを和らげたいですね
  8. 豆苗つみれ鍋でリーズナブルに美味しく健康

最近の記事

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP