心が喜ぶことを

梅雨に入り雨模様の中 お庭の紫陽花が今年も綺麗に咲いています。憂鬱になりがちな雨も 綺麗に咲く紫陽花の花が、すーっと心を和ませてくれます。紫陽花は本当に雨が似合いますね。
「コロナ疲れ」という言葉も聞かれる中ではありますが、ホッと心もひと休み。といった感じで咲いてくれているようです。

皆さまはお疲れでは無いですか?私はお仕事と 子どもの昼食作りや、運動相手などなど 。この数ヶ月はいつも以上に忙しい日々でした。
そんな日々の中で、お客様に子どもを蛸釣りに連れて行っていただいたり、お勉強を教えていただいたり。と家族のように過ごさせていただき。私も子ども達も本当に幸せだなぁと。本当に感謝の毎日です。
まだ二歳にならない双子の娘達がいるので、普段から外出自粛のような日常の中、お休みの日は お家居酒屋さんのように焼き鳥を焼いてみたり。先日は息子が釣ってきた鰻を蒲焼きにしていただきましたょ。以前は鰻も飼っていたので、少し複雑でしたが…。釣ってきた鰻を捌いて食べてみたいという息子のたっての希望で。
何時間もかけて鰻を釣って。数日泥を吐かせてから捌いて、串を刺して。見ようみまねで一生懸命にする息子をみていると。そういう経験の中で、食べる事の大切さや命をいただく有り難さを確かに感じて行っているのだなぁと思いました。

それと、とても嬉しいことがありましたょ。
それは 子宝のご相談のお客様のおめでたのご報告です。
たくさんお辛い時期を乗り越えてられて。 先日しっかりと赤ちゃんの心拍が確認されて。
本当に良かったねぇ!!と 2人で涙を浮かべて喜びました。
心拍を確認する検診の日の朝も神棚に手を合わせて。どうか赤ちゃんの元気な心拍が聴けますように…。って本当に祈るような気持ちでしたぁ。と私が言うと。
ほんとに?その願いが通じたのかな♡と笑。
お客様にもおっしゃっていただき。2人で泣き笑いして。
ここからがスタートでもあるので。赤ちゃんに会えるその日を楽しみに。一緒に頑張って行けたらと思っています。

コロナの影響で大変な毎日ではありますが、日々に喜びもきっと大きく。
いつも同じような表現にはなりますが 心の持ち方で大きく変わる事もきっとあるので。
そんなお気持ちに力になる漢方も一緒に見つけていけたらと思います。
一人で悩まずに お話ししに来てみて下さいね。


関連記事

  1. 冬から春へ
  2. 大人の粉ミルク
  3. 桜の見頃
  4. 新生活には慣れましたか?
  5. スクワレン
  6. ほんの少しの変化ですが
  7. かけがえの時が過ぎ
  8. 中医薬研究会 青年大会in長崎

最近の記事

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP