かけがえの時が過ぎ

3月も半ばに差し掛かりましたね。陽射しは日に日に暖かさも増して、お部屋にあるサンキャッチャーからはキラキラと光が舞っています。室内で過ごす日々の中、そんなサンキャッチャーの光や、暖かな陽射しに心癒されています。お陰様で、娘達の保育園の入所が決まりました。お仕事の本格的な復帰に向けて喜ばしい事であると同時に、まだ幼い娘達を保育園に預ける事は、胸が締めつけられるような、寂しい気持ちが突き上げてきます。

「大変でしょう?」と双子の育児に対して よくお声をかけていただきますが、私にとっては物理的な大変さはありますが、精神的には大変さよりも、幸せや喜びの方が大きく。2人の赤ちゃん達に絵本を読んだり、お歌を歌ってあげたり。次は何をしようかな?♡ 、◯◯ちゃんの番ね。と 語りかける時間。2人居るからこその そんな時間に、1日はあっと言う間です。笑顔の絶えない娘達達との時間。こんな風に 娘達の側に一日中寄り添える時間は、仕事を持つ私には、一生のうちで 今しかないように思え、そんなかけがえの無い時間を過ごせる事に心から感謝し、そして、その時間があと少しで終わってしまう寂しさは 言葉に言い表せない思いです。息子の時も そう感じましたが、その時よりも更に小さな娘達を 保育園に預ける事は やはり辛く…。また、息子にとっても、学校から帰宅して、母親が居る生活。生後11ヶ月から保育園に入っている息子にとっても、帰宅して母親の居る 生活は、初めての日々。その日々も終わりに近づいています。「あと少しで お仕事に戻るんやな」と、噛みしめるように 話す息子。息子にとっても かけがえの無い日々だったのかも知れません。息子にも、母親として過ごせた時間は大切な思い出になりました。

丸中薬局のお仕事に戻る事は、私の大きな勤めでも有り、大きな喜びです。このかけがえの無い 半年を また、私の糧にして 頑張っていこうと思います。

先日、電車に乗った時のポスターの一文が目にとまりました。

「君が大事な人生の岐路にたって悩んだときは
一番信じたいものを
あたらためて自分の心に問うのが良い
一番、諦めたくないものを
自分の未来に問うのが良い」

その問いの私の答えは。

「家族」、ようやっと私に出来た大切な家族。

そして、「丸中薬局を継ぎ遂げる」ことです。

関連記事

  1. 東京で唯一の造り酒屋さん
  2. イチョウ葉エキスGBE24の有用性
  3. からだ 思いやり
  4. 冬至を境に
  5. 山椒の葉っぱ
  6. 移り変わり
  7. ワンちゃん ネコちゃんの風邪に
  8. すっぽん薬膳鍋 お肌も艶々!

最近の記事

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP